目の疲れにはセレンが効く

遠くを眺めるより、近いところを見たほうが、強い調節力が必要です。
近見視力が弱いということは、子供が自分の範囲内で作業をやるとき、合いにくい目のピントを無理に合わせることになります。その際近見視力が低い子供は、肩こりや目の疲れ、といった症状が現れてしまいます。眼精疲労へなると、たとえば目がしぱしぱしたり、日が暮れると目がかすみ、近いところや遠いところに焦点を合わせにくくなったりします。その他、目が赤くなる、目の奥が痛くなる、まぶたが重くなるといった状況になります。

目のほかにも大変な症状に進行してしまうこともあります。セレンも抗酸化作用を保有しています。

セレンはがん予防によいといわれていますが、その作用で血管を保護し、目の付近の血液循環を向上してくれます。

セレンは主に魚介類に大量に含まれています。さらに魚介類は生活習慣病などの防止にもなるため、意欲的に摂取していきましょう。コンタクトには、装着時間を厳守することと正しいケアが不可欠です。装用の理想的な時間は13時間で、つけていた時間分は休ませたいところです。きちんと決められている通りにケアを実行することが安全なコンタクト使用のポイントとして重要になります。

こうした状況を見ると、「目が疲れている」などといった表現では甘い感じがします。

無情なことに、今現在での「子供たちの目の健康」はテーマの一つとなっています。

大人にだけ注目するのではなく子供たちの眼精疲労などにも注目しなければいけません。

Leave a Comment

Filed under 目の疲れ

海外で子供が生まれたとき

もし海外で子供を出産したときは、出生届の提出には猶予がもうけられます。生まれてから3か月以内であれば、現地の日本大使館や領事館などに出生届を提出します。

国籍に関しては、日本国籍を取得する場合は、両親が正式に結婚していて、どちらかが日本国籍の場合、大使館などに出生届を提出してあれば赤ちゃんは日本国籍を持つことができます。

ただし、国によって国籍法は異なるので、場合によっては赤ちゃんにはすぐにその国の国籍が与えられます。そうなると赤ちゃんは二重国籍となり、放っておくと日本国籍が消えてしまいます。

なので、日本国籍を選ぶ場合は「国籍留保」の届け出をしておき、20歳になったら2年以内にどちらかの国籍を選べばいいことになります。

国によって国籍法は異なるので、該当しそうな場合はあらかじめ調べておきましょう。

Leave a Comment

Filed under 出生届豆知識

出生届はどこに提出するの?

出生届は、もよりの役所の戸籍係に提出します。また、里帰りして出産したり、本籍が遠い実家などにある人は、以下の方法で提出すればいいと定められています。

①本籍地の最寄役所
②住民登録のある役所
③赤ちゃんが生まれた地域の役所
④両親が滞在している場所の役所

いずれにしても、ある程度自由に役所を選ぶことができます。夫の地元に本籍があって、今住んでいるところで住民登録しているなら、夫の実家、もしくは近所の役所で提出することができることになります。里帰りして出産していた場合は、生まれた病院の近所の役所でも構いません。

たまたま旅行中に出産した場合は、旅行先の役所で出しても問題ありません。

要するに①~④にあてはまるなら、全国各地どの役所でも受け入れてくれるということです。

ただし、注意が必要なのは、本籍地以外で出生届を提出した場合、出生届は二通必要となります。本籍地以外の場所で出生届を提出する場合は、一通を保管し、もう一通を本籍地の役所に郵送しなければなりません。なので、二通用意する必要があるのです。

出生届には医師や助産婦の書く欄「出生証明書」があるので、事情を説明して二通用意してもらうようにしましょう。

Leave a Comment

Filed under 出生届豆知識